初めての着物リメイク

8月ももう終わりそう。
相変わらずコロナウイルス感染の恐怖は続き、私のような高齢者はまだまだステイホームを続けなければならないようです。

自分なりのやり方で毎日を楽しむよりほかありません。
そんなわけで、50年ほど前のふるい絣の着物をほどきギャザースカートにリメイクしました。

先月初めに受けた白内障手術のおかげで、縫い目をほどいたりミシンをかけたりといった作業がとてもらくになりました。

姫路に来てからしばらくの間、近くのニットソーイングクラブに通っていました。その時ミシンの針に糸を通すような簡単な作業に手間取り、時間に追われいらいらしていましたが、それもやはり目が原因でした。

ミシンかけを楽しく感じるようになりました♪
手術を受けてよかったとつくづく思います。

2020年7月◇白内障手術体験 メモ

白内障手術をうけました。(両眼)

ここ数年パソコンに向かった時に見えづらくて苦労していました。
しかしそれは老眼のせいだと考え「白内障」であるという自覚はありませんでした。
そこで眼鏡を新調しようと思い、念のため眼科でみてもらうことにしました。

診察の結果は両眼とも白内障で、それもかなり進んでいるとのこと。
その場で手術を決断しました。

体力に自信はありませんが、これまで大きな病気で入院したり手術を受けたことなど一度もありません。
そんな私にとって、今回の白内障手術は大事件でした。

手術を決めてから、ネットで白内障手術を受けた方の体験談的なものを読みあさりました。
白内障手術は年間に130万件以上行われており、受けた方の多くは「手術して本当によかった」と考えておられることを知り、これから受ける私は大変勇気づけられました。
もし、このような意見に触れることが出来なかったら、大きな不安を抱いたまま手術を受けることになったと思います。

そこで私も今回の手術の経過と結果を、ここに記録しておきます。 少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

Amazonを騙るフィッシングメールを受け取った

Amazonのアカウントには有効期限があったのだろうか?
昨日スマホで受け取ったメール、件名は「お支払方法の情報を更新してください」というもの。
↓スマホメールのスクリーンショットです。

フィッシングメールの画像



一瞬ドキリとしましたが、すぐにこれはフィッシングメールだと気づきました。
念のためパソコンからAmazonのアカウントにログインしても何の異常もありません。
アカウントはロックされていませんでした。

ここでうっかりリンクボタンをクリックしたら、クレジット情報を抜き取るよう誘導されるのでしょうか。

これは分かりやすいフィッシングメールです。

しかし私が悩んでいるのはここから先です。
この確認のためにAmazonへログインしたところ、直ちにパソコンで「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」という件名のメールを受信しました。

長年アマゾンを利用してきましたが、これまでこの種のメールを受け取ったことはほとんどありませんでした。
「ほとんど」と書いたのは、実は今月15日にも受け取っていたからです。
メールの内容は↓画像。(昨日受け取ったメール)

Amazonセキュリティ警告メールの画像

15日のメールと昨日のメールの二つのアマゾンからのセキュリティ警告メールは見かけ上ほとんど同じ。
ただし、「詳細を表示」と「ブラウザ貼り付け用のリンク先」は少し違います。
これは異なるログインについての警告だからなのかもしれないですし………???

アマゾンからの正式のメールかもしれません。
しかしAmazonにログインしメッセージセンターでAmazonから送信されたメールを確認してみると、15日分は表示されているのに、昨日分はありません。受け取ってからそろそろ24時間経とうとしているのに・・・

メールの中のリンクをクリックしたりしていません。
しかしこうなると何から何まで怪しく思えてきます。
これからは一層注意深くしなければ・・・

パソコンや暮らしのあれこれを思いつくままメモしています