Gutenbergで表をいれてみた

先月書店でインプレスの「できるWordPress Ver.5.x対応」を見つけました。
WordPressでサイトを作成する準備から始まって、WordPressのインストール~記事の作成~プラグインその他、基礎的なことが初心者を対象に一通り説明されています。
残念なのは画像が小さくてが見づらいことや、サンプルサイトのどのページを作成しているかわかりづらいのが不満です。
しかし、各ブロックの使いかたがわかりやすく説明されています。これまでGutenbergエディタに不慣れでもやもやしていましたが、これで何とかなりそうと明るい気持ちになれました。

「WordPressサイト作成の基礎的な知識はあるが、エディタが変わったのでどうも使いづらい。」と感じている人は、Gutenbergの各種ブロックの使い方さえ理解できればVer.5.xへの敷居はぐっと低くなるわけで、その意味ではこの参考書は役に立つと思います。

これを見ながら様々なブロックを手あたり次第テストしてみました。そうしているうちに慣れてしまえばGutenbergって結構使いやすいエディタかもと思えるようになりました。

ところで、記事に表をいれる場合に使用する[テーブル]ブロックというのがあって、これが便利なようでもあるいっぽう、出来上がった表がものたりないような・・・・・・
もう少し気の利いた表が入れられないものかと少々不満に感じました。

そこで、この記事中に実際に表を入れてみました。
実はクラシックエディタ時代から、表を入れるのに苦手意識があります。
さてGutenbergエディタではうまく表をいれることが出来るだろうか?と気になってならないのです。
まずは、素直に[テーブル]ブロックを利用して表を入れてみました。そして次に プラグインTinyMCE Advancedを利用する方法を試してみました。

  1. Gutenbergの[テーブル]ブロックを使用する。上記参考書にも説明されているシンプルな方法。
  2. Gutenbergの[クラシック]ブロックプラグインTinyMCE Advancedを利用する。セルの結合や幅の設定、セルごとの背景色設定などもできます。

以下にこれら2つの方法で作成した表を表示します。

1.Gutenbergの[テーブル]ブロックを使用して

材料(1)材料(2)材料(3)
強力粉:60g
タピオカスターチ:20g
卵:3個分
砂糖:30g
サラダ油:60cc
水:60cc
バニラオイル:少々
卵白:3個分
砂糖:40g
レモン汁:小さじ1/2
塩:小さじ1/4弱

この方法は手軽にシンプルな表を入れることができます。これで済む場合も多いかと思います。
ただ2行目の各セルを分割し材料と分量を別々のセルに入れたかったのですが、セルの分割ができませんでした。6列の表にすると1行目でセルを結合できませんでした。私が知らなくてできないだけかもしれませんが・・・
で、もう少しどうにかならないものかと次の方法で試してみました。

2.Gutenbergの[クラシック]ブロックプラグインTinyMCE Advancedを利用して

  1. あらかじめTinyMCE Advancedをインストール、有効化する(WordPress5.2.2以上でないとインストールできないようです)
  2. フォーマット→クラシックとクリックし[クラシック]ブロックを追加する。
  3. [クラシック]ブロックに表示される編集ツールのテーブルを使用する。

TinyMCE Advancedをインストール有効化すると、[クラシック]ブロックの編集ツールにテーブルが表示されるようになります。↑
それを使って作成したものが下の表です。

材料(1) 材料(2) 材料(3)
強力粉 60g 卵黄 3個分 卵白 4個分
タピオカスターチ 20g 砂糖 30g 砂糖 40g
    サラダオイル 60㏄ レモン汁 小さじ1/2
    60㏄ 小さじ1/4弱
    バニラオイル 少々    

上の表は、6行6列で作成し1行目でセルの結合を行いました。
セルごとに背景色を指定することもできました

まとめ

通常のシンプルな表であれば、Gutenbergのテーブルブロックを利用して手軽に表を挿入できます。
しかし、どうしてももう少し細かな設定をしなければならないような場合は、クラシックエディタとTinyMCE Advancedの組み合わせを利用しようと思いました。

今後のアップデートで[テーブル]ブロックでもう少し表現力のある表の作成が出来るようになることを期待します。

プリンタ複合機でスキャンだけが出来なくなった件が解決

三日前のこと、久しぶりに複合機プリンターでスキャンしようとしたら、何度やってもできません。
↓の画面が表示されます。

試しに印刷してみると、これは問題なし。
コピー機能も、異常なし。

ん?どうしてスキャンだけ出来ないの?何が起こったの?

「USBケーブルの接続」が問題ということですが、それなら印刷が出来るのはなぜ?

例によってネットで調べてみると、windowsのアップデート後にそういうことがよくあるという情報が多く挙げられていました。
奇しくも、つい先日新元号「令和」に対応させようと強制的にアップデートしたばかり。

わけもわからずWindowsの設定を合わせてれこれいじってみても効果なし。
ついに翌日にはキャノンの相談窓口に電話。ドライバーをアンインストールし最新のものをダウンロードして再設定するまで親切に指導いただきましたが・・・
それでもダメでした。

窓口の方によれば、あと考えられるのはセキュリティソフトの問題か、USBケーブルの問題だろうということでした。

電話の後、セキュリティソフトを一時ストップして試みても変わらず。

USBケーブルについては、知識のない私はプリントができているのだからまさかとそれはないだろうと思っていました。

ところが!プリンターとパソコンを直に1本のケーブルだけでつないだところ、
スキャン出来ました!

引っ越し前は、プリンターとパソコンはすぐ近くに置いていたのでケーブル一本でつないでいました。引っ越し後、こちらでは3mほど離れていたので、手元にあったケーブルをつなぎ合わせていたのです。

プリントやコピーでは何の問題も起きなかったので正常に作動しているものと思っていました。

解決してみると、「な~んだそうだったのか。」ということになります。
今回はいつもお世話になっているネット情報に振り回されて時間がかかってしまいましたが、まあ、今回のようなこともありますね。

さっそく長めのUSBケーブルを買って接続し、一件落着です。

ストア版Office2016をデスクトップ版に入れ替えた

パソコンを買う予定はなかったのに、2週間ほど前モバイル用にDELLのノートパソコンを購入しました。
欲しかったのはOffice(WordとExcel)で、これまでモバイル用として使ってきたSONYのPC(windows 8.1)にWordとExcelを入れれば済んだことです。
しかしすでにMicrosoft Office 2019が売り出され、これはWindows 10専用です。Win8.1パソコンには入りません。
しかたなくMicrosoft Office Home&Business 2016 がプレインストールされたDell製のノートパソコンをお手軽価格で購入することにしました。
とはいっても予定外の出費で懐が痛みました。(=_=)

Dellのオンラインストアに注文し、なんと翌日届きました。速い!

新しいパソコンを手にしてセットアップしいそいそと機嫌よく 使い始めました。・・・・・でもしばらく使っていると、ン???(?_?)
なにかヘン、違和感を感じました。

もう一台別のパソコンにもOffice2016が入っているのですが、どこかが違うのです。

で、いつものようにネットで検索すると・・・
あららっ、ビックリ!

Microsoft Office 2016は2種類あるなんて、知りませんでした。
今回買ったパソコンにインストールされていたのはストアアプリ版のOfficeで、これとは別にデスクトップアプリ版があったのです。
違いが何なのかよくわからないのですが騙されたような気がしてもやもやしました。

更に調べ続けると、ストアアプリ版Officeをアンインストールしてデスクトップアプリ版をダウンロードできることを知りました。
そうか。ああ、よかった。

しかし、今何らかの問題が発生しているわけではないし、アプリの入れ替えのような慣れないことをしてパソコン内が取り返しのつかない状態になったらどうしよう?
4~5日間悩みました。

ストアアプリ版とデスクトップアプリ版では、それぞれメリット・デメリットがあるようです。
それでも決め手になったのは、ストアアプリ版のWordではがき印刷が出来ないという情報でした。
私の場合、はがき印刷は専用ソフトを使うので気にしなくてもいいのですが、最近Word、Excelを学び直すことにしたので、やはりはがき印刷もできたほうがよさそうです。また、もう一台のPCと使い勝手が違うのも混乱のもととなりそうですし。

そういうことを考えたうえで思い切って入れ替えを決断。

どのように作業すればいいかDellやMicrosoftその他個人、あちこちのサイトを参考にさせていただきました。
初めはあまり多くの情報が入ってきて頭の中はが大混乱。もうあきらめようかとと一時は思ったくらいです。

しかし何日か考え続け自分のアカウントページを眺めたりしているうちに、思ったより簡単かもと楽天主義に傾き始めました。

怖かったのは最初のアンインストールです。一時的にOffice無し状態になるので、もう永久に復活しないかもと心配でした。

そしてこわごわ作業の結果、結局今はめでたくデスクトップ版に入れ替え完了です。
ほんとうに思ったよりずっとずっと簡単でした。

今回の方法がどのパソコンにも当てはまるかどうか、うまくいくかどうかは分かりませんが、いつものようにその手順を簡単に( ..)φメモメモしておきます。

①既存のストア版Officeをアンインストールする。
設定→アプリとクリック、アプリ一覧からMicrosoft Office Desktop Appsをアンインストールする。
②office.com/myaccountにログイン。
③”サービスとサブスクリプション”を見るとライセンス認証はつい最近だったからか、ページの一番上に”Office Home & Business 2016 for PC”を見つけました。
④あとは右にある<インストールする>をクリックし流れに沿ってダウンロード、インストール完了です。要した時間は15分ほどでした。その時間の短さにもにもビックリ!

プロダクトキーも準備してました。でもそれを入れる画面は確か無かったような。参考にさせていただいたサイトでは必要と書かれていましたが、この辺はどういう違いなのでしょう?

とにかく無事に終わり、ほっとしています。

現在は、アプリ一覧にはMicrosoft Office Home&business 2016-ja-jp と表示されています。

2019年5月8日追記

ストアアプリ版では、一部のフォント(HG系のフォント)が抜け落ちていました。今私が使用しているWordの練習問題ではHG系のフォントを指定されることが多く、仕方なく似たような書体を代わりに使用してきました。
デスクトップアプリ版にしたことで、この問題も解決しました。
今回のアプリ入れ替えには満足しています。