6月27日の勉強会◆写真ボックスを作りました

6月27日午後の勉強会では、写真ボックスを作成、ホームページビルダーのパーソナル部品として登録する方法を学びました。
理解は不十分ですが、家に帰ってなんとか登録までやってみたので、さっそくMYホームページに利用してみました。

こちらのページ

テキストでは写真背景はシャドウ付きですが、私のページでは簡略化して写真ボックス幅いっぱいに写真を貼り込みました。
この場合背景画像は必要ないようです。
もっと簡略化できたとに後で気づきました。

以前は一つ一つのボックスのHTMLソースをコピー&ペーストして並べていました。
結局同じことなのですが、一度部品として登録しておきさえすれば繰り返し使いまわせるというのは便利です。

写真ボックスの背景画像、写真ボックス、表示画像、それぞれの幅の関係で見え方に違いが出るようです。
またボックスはfloat:leftに設定されているので、親要素の幅が決まっている場合横に何個の写真ボックスを並べたいかを考え、ボックスの幅や左右のマージンを計算する必要があるようです。
ボックスの登録をした後で、自分のページに上手くはめ込むには少々頭を使わねばなりませんでした。あせる

****************************

写真ボックスをパーソナル部品として登録するとき、登録するフォルダが隠しフォルダになっています。
この隠しフォルダの検索が上手く行きません。

勉強会ではこの点について説明があり、順にフォルダを展開して目的のフォルダを開きました。

それでも家で何とかwin7で隠しフォルダやファイルを検索しようと試みましたが残念ながら今のところまだ出来ません。
普段は隠しフォルダを検索などする必要はないのですが、出来るはずのことが出来ないと思うと残念です。

ところで隠しファイルを表示したままというのは危ないかな?
とくに私の場合、誤って削除しかねません。

そう思ったので、再び非表示に戻しておきました。


TOPイメージをフラッシュに変換する

ホームページ工房なごやの勉強会で最近しばしばテキストとして利用している”ホームページビルダー15 スパテク102(翔泳社)”を参考に、ホームページのトップページのタイトルイメージをフラッシュにしました。

こちら

この方法は工房の勉強会でも取り上げられましたし(残念ながら、私は欠席でしたあせる)、このテキストでは何度かいろいろな場面での説明があります。

テキストの指示通りにやってみると出来る。

ところが、分かったつもりで自分流にアレンジしようとすると、思惑どおりにいかない。

そうこうしながらやっと今日になってとてもシンプルなフラッシュのタイトルイメージをアップしました。

すでに使用しているタイトルイメージを利用してフェードインさせるだけの簡単なものだから、ちょちょいとやればできるはず・・・

と高をくくっていたら躓いてしまいました。あせる

何度も繰り返すのなら出来るのに、一回だけでストップさせようとすると出来ない????

う~~ん

表示設定で「繰り返し再生する」のチェックを外すと、全く動かず静止画像になってしまう

一週間ほど四苦八苦して、やっと解決?!

一枚の画像だけしか使わないのが良く無かったようです。

無地の画像をもう一枚作成し、それと既存のタイトルイメージを組み合わせたところ、一度きりの再生に成功しました。

フラッシュの基本が全然わかっていないのにビルダーの操作だけで要領良く済ませようとしたのですが、こういう場合いったんつまづくと解決までに時間がかかってしまいますあせる

とはいえ、やっと雲が切れてお日様の顔が見えたようなちょっと嬉しい気分です。ニコニコ

タブレットって・・・

プリンタのインクが切れかかっているので、午後Y電機へ。

インクを買った後、スマホ用のイヤホンを衝動買いし、そのあと何か面白いものはないかと売り場をうろうろしてました。

と、今流行り?のタブレットが目にとまり、ジーッと見入っていると・・・・・

店員さんがそばに寄ってきました。

そこで質問

「タブレットとパソコンはどう違うのですか?」

「え~~と、タブレットはインターネットを利用したり本を読んだり、そういうことは得意ですが、文書を編集したりするのは不得手ですね。」

「はぁ、そうですか。ところで電話は出来ないのですよね。」

「テレビ電話はできますよ。」

「じゃあ、電話番号というのは持っていないということですね。」

「そうです。」

大雑把だけれど、なんとなくわかったような気になりました。

スマホは電話も出来るし、インターネットも利用できるし便利ですが画面が小さいので、タブレットは使い易そうに感じることも。

それでもやはり電話が利用できないのなら私にはまだまだかなぁ・・・・・・・・・・

いつも持ち歩くには少し大きすぎるし・・・・・・・・・・