はじめての場では、気づくことがある(2)

もうひとつ、気づいたことをMEMOしておこうと思います。

シニア対象の講座なので、文字入力に手間取る人が多いということ、これは前もって聞かされていました。

一本指で入れている人がかなりいらっしゃいます。

これは、じゅうぶんに時間にゆとりをもって待ってあげて、みんなが足並みをそろえて進んでいくことになっています。

昨日の講座で後ろから見ていて気付いたこと、もう一つは・・・・・・

マウスの操作です。

クリックとドラッグ

そのなかで、ドラッグで文字列を選択するのをみていたのですが

数行にわたる文字列の場合が特におぼつかない様子です。

結局、几帳面な性格がそうさせるのだと思う。

まず最初の文字の左にカーソルを当ててマウスの左ボタンを押した状態にする。

次にそのまま右にドラッグしてしまう。

一行目の右端に来たところで、今度は2行目の左端に持って行こうとして、今まで選択したところが消えてしまって、「あれれっ!あせる」って様子でした。一行づつ丁寧にやらなければと言う思い込みがあるようです。

慣れてくるとわかることなのですが、この場合は下にドラッグすれば良いのです。

大したことではないけれど、今度見かけたら、こういうところも教えるようにしなければと思いました。

はじめての場では、気づくことがある(1)

↑なんだか意味不明タイトルが続いてしまう・・・

昨日の記事の続きです。

ホームページ作成体験教室でのこと

ある参加者に文字入力に問題がおきていた。

もたついてる様子が見える。

みるといつの間にかキーボードがかな入力になっていた。

こんなときすぐにローマ字入力に換えてあげないといけないけれど、出来なくて他の人にやってもらった。

でも・・・・・・・

私、普段ローマ字入力していますが、遊びでかな入力に換えてみたりすることがあるのです。

この場では、講習についていくため直ちに変換してあげなければならないという焦りはあるけれど、それにしてもなぜ家でやっているように出来なかったかが不思議?

家に帰ってからキーボードを眺めていて、ハタと気づいた。

私はALTキー+カタカナ・ひらがな・ローマ字変換キーローマ字入力⇔かな入力を切り替えていたのだ!

そして私はこの方法を完全に覚えているわけではなく、この二つのキーの文字が薄い青緑で書かれていて、それを見て反射的に触っていたようです。

パソコンの真正面に座っていると何の支障もなくできることも、斜めから覗き込むような姿勢だとわけがわからなくなると言うことなのです。

アシスタントを務めるならこれからは頭を切り替えてパソコンに向かわなければならないようです。かお

いつものポカです

高齢者就業支援センターで開催されたイベント”シルバーライフ2011”の記事を現場からケータイで投稿したところ、またまたいつものポカをやってしまいました。ガーン


写真をアップするつもりが、添付をわすれてしまって文章だけでした。
これは普段よくやるうっかりです。


まとめて写真を貼り付けておきます。
パソコンと暮らしのMEMO帳
←これが前記事に添付したつもりだった写真。

↓コーラスグループ

千種区のグループらしい。
パソコンと暮らしのMEMO帳

↓ふすま貼りのデモンストレーション

難しそう。 これは、私には無理です。

絶対やらない!

あ、うちは襖はなかったのだ。パソコンと暮らしのMEMO帳

こけだま作りをやっていたので、私も参加しました。

パソコンと暮らしのMEMO帳

トマとん 作 ↓ もっと丸くしたつもりが・・・あせる

パソコンと暮らしのMEMO帳

我がホームページ工房なごやのホームページ作成体験講座も、抽選で参加者を決定するほどの盛況でした。

あわただしくも楽しい一日で、今日は疲れました。

アシスタント初体験の感想等は明日にします。