「WordPress」カテゴリーアーカイブ

ダッシュボードにログインできなくなった!!

↑タイトルの件は突然の出来事で本当にびっくり、ドッキリ。
一時はもうこのサイトは継続できないかもと落胆しました。

しかし原因は推測出来ました。
あるプラグインを設置した直後のことでしたので、多分このプラグインだと。

そのプラグインはネットでの評判はよさそうに思えましたし、何よりWordPressの公式ディレクトリからダウンロードしたものですし・・・・・・
まさか、こんなことになるとは。(-_-;)
そのプラグインは All 404 Redirect to Homepage  です。

私のこのサイトはTOPページが固定ページとなっています。
トップのアドレスは、https://805memo.nagoya になります。

ところが何故か(たぶん私が何度もサイトの構造を変えたり、サーバー移転したから?かな?)直接固定ページのアドレスへのアクセスが毎日あります。その場合は404エラーページが表示されることになります。

いぜんからどうにかしたいと思いながら、そのまま放置していました。
そんなとき、最近知ったのが All 404 Redirect to Homepage です。

これは404エラーページを表示することなく、トップページへリダイレクトしてくれるプラグインだそうです。
このサイトのWordPressのバージョンでも動作確認済みだそうで安易に飛びついてしまいました。

その結果、問題のアクセスのリダイレクトはうまくいきました。
しかし、ダッシュボードにログインしようとすると、トップページにリダイレクトされるようになってしまいました。
これでは記事の更新さえできません。
このサイトが特殊な構造になっているのでしょうか?
それとも、設定が間違っているのか?
全く残念。でも残念じゃあ済まない、ああどうしよう(´;ω;`)ウッ…

とはいえ、こうしてこの記事を入れることが出来たのはそんな状態から復旧出来たということです。
どのようにしたか、それは次の記事にメモすることにします。
次の記事へ

2020年カレンダー(pdf)を記事内に埋め込んだ

参加しているPCサークルで、エクセルでカレンダーを作りました。そこではA4に年間カレンダーを作成したのですが、家でちょっと頑張って月別カレンダーを作成、最終的にPDFに変換し印刷しました。
忘れかけていた関数を 久しぶりに 使い、四苦八苦してやっと出来上がりました。

作成した月別カレンダーのPDFファイルをこの記事中に表示します。
表示にはプラグインのPDF Embedderを利用しました。
Gutenbergエディタと互換性があります。
有効化するとPDF Embedderというブロックが表示されるようになり、簡単にPDFファイルを埋め込むことができました。

e2ab1ea13b81580fa7a93018edc8f7a8

来年からは天皇誕生日が2月になります。またオリンピックで一部の祝日は変更になっています。注意が必要!

作成に当たり難しかったのは、祝日表示のための参照用の一覧表を数式で作成するところでした。そのうえ、2020年度はその年度にかぎっての変更が多く、その一覧表どおりにはいかず手で修正することになりました。
2021年分からは、計算通り楽になるはず。再来年が楽しみ♪・・・

春分の日、秋分の日は年により日付が変わりますが、前年の2月1日の官報で正式に決定となるのだとか。知りませんでした!
そこで、これも毎年手入力することにしました。

Googleカレンダーをサイト内に表示する(Gutenbergで)

これまでほとんどGoogleカレンダーを利用していませんでした。遅ればせながら最近やっとスマホで予定の管理等に利用し始めたところです。

ところで、Googleカレンダーは休業日のお知らせなどにサイト内で利用するのに便利だと以前から聞いていたので、ではこのあたりで私も記事内にカレンダーを表示してみようかと思います。

結果は、下のとおりです。
ソースの取得方法については他のあちこちサイトに詳しく説明されているので、参考にさせていただきました。しかし、Gutenbergエディタに貼り付ける方法の説明が見つからず、そこのところが一番苦労しました。

どのブロックを利用するかがわからなかったのです。
結論は「カスタムhtml」ブロックです

最初は失敗の連続。「カスタムhtml」にたどり着くまで少々時間がかかりましたが、適切なブロックを選択すれば簡単でした。
なお、サイドバーやフッターに表示する場合も、ウィジェットの「カスタムhtml」を利用すればよいようです。↓のとおりフッター部分に表示してみました。