トマトーン のすべての投稿

契約解除したアカウントを削除したら、しまった!過去メールが読めない!

メールソフトはThunderbirdです。お気に入りのメールソフトですが、隅から隅まできちんと理解しているわけではなく、先日↑タイトルのような失敗をしてしまいました。

きちんと理解しないまま使い続けてきたのだから仕方ないといったんはあきらめかけたものの・・・
いつまでもふっきれなくて・・・

調べてみると、アカウントを削除してもメールデータはパソコンの中に保存されたままになっていることがわかりました。
それならどうにかなるはずと試行錯誤の結果、一度は失なったとあきらめた過去メールが読める状態になりました。\(^o^)/

今では契約解除した使用できないアカウントですが、何かでその過去のメールを読みたいと思った時手軽に読める状態になっています。

それはローカルフォルダの中に過去メールを置くというもの。
正直なところこのローカルフォルダの本来の使いかたは理解できていません。
しかし、これまで利用せず空のままになっていたのでこのさいチャッカリ利用してみようと思いました。

Thunderbirdで削除したアカウントのメールデータを再表示する方法

手順はざっと以下の通り

①メールデータの所在を確認

そもそもメールデータが残っていなければ先には進めません。
もしアカウント削除時に一緒にメールデータを削除していたらあきらめなければならなかったでしょう。今回は幸いにもデータは消えていませんでした。

Thunderbirdのメールデータは既定では以下のところにあります。
(Thunderbird 60.6.1 windows10です。)

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxxxxx.default\Mail\yyyyyy.jp

xxxxxx.defaultはThunderbirdのプロファイルフォルダです。
yyyyyy.jpがアカウント毎のメールデータの格納フォルダです。
xxxxxxxにはランダムな英数字が並んでいます。yyyyyyは各アカウントを意味する文字です。
複数のアカウントを設定している場合はそれぞれのアカウントのフォルダがMailフォルダ中に存在します。
ここに復活させたいアカウントのものがあるかどうか確認します。

②ローカルフォルダにメールデータを表示

⑴ フォルダペイン下部にpcのアイコンのついたローカルフォルダを右クリック


⑵ 設定(E)をクリックすると下のようにアカウント設定画面が開きます。

(3)この画面で メッセージの保存先に①で確認したデータの場所を右の参照ボタンを利用して指定しOKボタンをクリックする。

以上でローカルフォルダを開くと過去のメールデータが読めるようになりました。

※アカウントの削除でそれまでのメールを読むことができなくなることを知っていたなら、わざわざこんな作業をせずに済んだのではないかと思います。
もしまた機会があれば、こんどこそはうまくやりたいものです。
今回は仕方なくこういう方法をとりました。

Gutenbergで更新◆姫路城と桜

姫路城の桜 7分咲き 2019年4月5日

姫路城の公園をお花見がてら散策しました。悠然としたお城をバックに7~8分咲きほどの桜。のどかで美しい眺めにうっとり。花嫁さんの姿もありました。
まるでこのご夫婦のスタートを 祝うような申し分ないいいお天気です。

5.1.1への更新時はclassicエディタを利用しようと思いました。しかし、この先のことを考え思い切ってGutenbergを使い始めようと思います。

そこでもう一度Gutenbergに戻す操作をしたところ、記事作成画面の一部が英語表示になっていました。
おや、おやっ?英語バージョンで更新してしまったのかな?
使えないわけではないけれど、これでは落ち着きません。

しかしダッシュボードのホーム画面を見ると、もう一度5.1.1の再更新ができるようなのでこれを実行したところ、立派に日本語表示になりました。

やれ、やれ

Gutenbergエディタの狙いというか、真価はまだ何にも理解できていませんが、まずは記事トップに画像を一枚入れておきました。

WP4.9.10を5.1.1.に更新(さくらのバックアップ&ステージングを利用して)

マイナーな更新は自動で行われますが、今回はメジャーなものだったので自ら決断して更新しなければならず、なかなか踏み切れませんでした。

そのわけは

  1. 更新によってサイトに不具合がでないだろうかと心配。
  2. 万が一の場合に備えて準備しているバックアップファイルの復元がうまくできるか自信が持てない。
  3. 新エディタ(Gutenberg)はどうしよう?いきなり新しいエディタを使いこなせないだろう。

そんなことが気になり、また忙しかったこともあり延ばし延ばしになっていました。

しかしこのままではセキュリティの問題もあるようですし、これ以上いつまでも先延ばしにすることもできず、思い切ってアップデートすることに。

そこで、サイトのバックアップファイルやそれを利用した復元方法の確認をしていたのですが・・・

久しぶりにこのサイトを置いているさくらレンタルサーバーのコントロールパネルを眺めていたところ、いつの間にか「バックアップ&ステージング」という機能が、スタンダード以上のクラスで無料で利用できるようになっていることを知りました。

一年くらい前に追加された機能のようです。知りませんでした!

これを利用すれば、サイトのバックアップを簡単に作成できます。
またステージングサーバーを利用してそこにWordPressのサイトを組み込むことで、テスト環境として利用できるということでした。

そこで、これまでせっせととって来たバックアップファイルはいじらず、バックアップ&ステージング機能を利用することにしました。

始めは慣れない操作にやや戸惑いましたが、慣れてくるとこれは簡単!大いに助かるツールです。

さっそく「バックアップ&ステージング」で4.9.10のサイトをバックアップし、それをステージングサーバーにセットしました。

セットしたサイトを5.1.1に更新してみたところ、ざっと見たところ異常は見られませんでした。

ただ、エディタはGutenbergになってしまいました。
この状態でClassicエディタのプラグインをダウンロード、有効化してもよいのでしょうが、さくらレンタルサーバーの説明であらかじめ4.9.xでclassicエディタを有効化しておけば、5.1.1に更新後も引き継がれるということなので、そちらの方法をとることにしました。

ということで、今回はさくらレンタルサーバーの「バックアップ&ステージング」の助けを借りて無事(たぶん?)に5.1.1に更新することが出来ました。

まだGutenbergは利用していませんが、そろそろ考えなければならないのでしょうね。

これまでBackWPupを利用し定期的にバックアップしてきましたが、さくらレンタルサーバーを利用する限りは、その必要はなくなったようです。

まだよくわからないこともありますが、「バックアップ&ステージング」はいろいろな可能性があるような気がします。楽しみです。

しかも無料で利用できるなんてすばらしい!